旅行

3泊4日の子連れ奄美大島旅行の費用とプランを大公開!【ざっと20万かかります】

子連れで奄美大島旅行に行きたいと思ってるけど

どれくらい費用がかかるのかな。

効率よく観光できるスケジュールも知りたい!

 

先日、2歳と0歳を連れて奄美大島旅行に行ってきました。

その際にかかった費用と旅行スケジュールを公開します。

子連れといっても2歳と0歳にかかった費用はほとんどないので、大人2人旅行の参考にもなると思います。

ポイント

出発地は福岡です!

 

3泊4日の子連れ奄美大島旅行 航空券とホテル代

航空券とホテル代は

 94,000 円 かかりました。

 

内容 金額
ツアー基本料金(大人) 36,900円 × 2名 = 73,800円
1日目ホテル割増料金(ホテルカレッタ)朝食付き 4,600円 × 2名 =9,200円
2日目ホテル割増料金(ホテルカレッタ)朝食付き 4,600円 × 2名 =9,200円
3日目ホテル割増料金(奄美さんプラザホテル)朝食なし 900円 × 2名 =1,800円
合計 94,000円

航空券とホテルがセットになったツアーで申し込むのが断然お得です!

我が家は数サイトを比較して一番安かったJ-TRIPから予約しました。

▶︎J-TRIPでお得なツアーをチェック

国内線では2歳まで飛行機代がかからないので、かなりありがたいです。

隣が空いてない場合は抱っこになりますが、福岡から奄美までは1時間ちょっとなので頑張れました!

 

 

奄美大島3泊4日のスケジュールと費用

1日目

時間 内容 費用
6:15 空港着 パーキングに車を預ける 4,400円
6:45 空港内のドトールで朝食購入 1,116円
7:05 福岡空港発  
8:15

奄美空港着 夫:レンタカー借りに行く
私と子供:ホテルの送迎車でホテルへ

6,887円
9:00 ホテル着 着替えてプールで遊ぶ  
11:45 ハートロックを見に行く  
12:30 「奄美きょらうみ工房」でランチ 2,860円
13:30 「La Fonte」でジェラート 620円
14:00 ホテルにチェックイン  
  部屋でゆっくり お昼寝  
17:00 買い物(飲み物・軽食など) 4,742円
18:00 「レストランフォレスト」で夕食 9,250円
  合計 29,875円

福岡からの奄美行きのフライトは朝がとても早いです!

前日の夜や当日の朝にバタバタしないためにも、持っていくものは何日か前から準備しておくのがベスト!

当日は子供たちが寝ているところをそのまま車に乗せて空港へ向かいました。

そのため、前日はパジャマではなく、洋服を着せて寝かせました。

 

旅行初日ってだいたい移動で終わっちゃうけど、

福岡〜奄美便は早朝フライトで1時間で到着するので、すごく得した気分になります!

朝が早かったため、子供も親もお昼を食べたあとは眠い・・・

お昼ご飯のあとホテルにはやめにチェックインできたのでとても助かりました〜

ホテルカレッタは子連れに優しい、いいホテルでした♪

 

あわせて読みたい
子連れ奄美大島旅行〜ホテルカレッタを徹底レビュー!2泊した本音の口コミをお届け!

続きを見る

 

2日目

時間 内容 費用
7:00 ホテルの朝食バイキング  
8:45 ホテル出発   
  途中のコンビニで飲み物・軽食購入 780円
10:00 マングローブツアー 16,500円
15:00 「けいはん ひさ倉」にてランチ 3,050円
17:00 夫のみレンタカー屋さんへ 15,000円
1,470円(ガソリン)
19:00 ホテルにて夕食 5,110円
20:00 ホテルにて洗濯 700円
  合計 42,610円

旅行2日目のメインイベントは「マングローブカヌーツアー」! 

これがとっても楽しくて、とても思い出に残りました!

娘もカヌーに乗ったことは忘れられない体験になったようです。

あわせて読みたい
【最高!】奄美大島旅行で2歳と赤ちゃんと一緒にマングローブカヌーツアー体験

続きを見る

今回の旅は直前で天候不良によって日程を変更しています。

そのため、レンタカーがなかなか空いておらず、前半と後半でレンタカーを借りなおすことになってしまいました。

前半が軽自動車でしたが、後半はミニバンを借りれたのでよかった〜!

子供2人いると荷物も多いし(ベビーカー持参してます。)ミニバンは荷台がゆったりしていて使いやすかったです。

レンタカーは忘れずに早めに予約しておくのがベスト!

▶︎じゃらんレンタカーで料金を比較

 

3日目

時間 内容 費用
7:00 ホテル朝食バイキング  
9:00 崎原ビーチで海水浴  
13:00 「島豆腐 高野」にてランチ 1,800円
15:00 サンプラザ奄美にチェックイン  
18:00 「むちゃかな」にて夕食 10,470円
  合計 12,270円

3日目は「崎原ビーチ」に行ってきました。

当初の予定では奄美大島を南下して「ヤドリ浜」と「ホノホシ海岸」に行く予定でしたが、
意外と奄美大島は広い!ということを痛感しまして・・・(2日目のマングローブに行くのも結構遠かった)

急遽予定を変更して、穴場で魚もたくさん見れるという「崎原ビーチ」に行きました。

結果、最高でした〜!

今までの人生ん中で見たビーチの中で一番キレイだったと思います。

あわせて読みたい
【崎原ビーチ】奄美大島の穴場ビーチ!シュノーケリングスポットはどこ?シャワーあり!

続きを見る

3日目は奄美の中心街である名瀬にある「奄美サンプラザホテル」に宿泊しました。

 

ビジネスホテルっぽい感じですが、我が家が利用した部屋はとても広く、大浴場もあってなかなかいいホテルでした!

 

4日目

時間 内容 費用
7:30 「サンドイッチ奄美」で朝食 1,610円
  朝食の合間にコインランドリーで洗濯 700円
10:00 「ばしゃ山村」にて海水浴  
12:30 「アマネシア」でランチ 5,830円
15:30 夢をかなえる「カメ」までドライブ  
16:30 あやまる岬を散策  
16:45 「みしょらんカフェ」で休憩 1,070円
18:00 奄美空港で軽食
お土産購入
7,402円
18:40 奄美空港発  
20:00 福岡空港着  
  合計 16,612円

4日目は奄美の中心地「名瀬」のホテルに宿泊し、朝ごはんは徒歩でサンドイッチのお店に食べに行きました。

このサンドイッチ屋さんがコスパ最高でした。

最終日はフライトまでたっぷりと時間があるので「ばしゃ山村」でのんびり遊びました。

あわせて読みたい
海ガメに会える?ばしゃ山村(用安海岸)ビーチで海水浴とレストランを堪能【満足】

続きを見る

午後は子供たちのお昼寝もかねてドライブ。

早めの夕飯を「みしょらんカフェ」ハンバーガーを食べようと思いましたが、まさかの17時閉店でした。

閉店直前でオーダーができなかったので、ドリンクをいただきました!

このクリームソーダー、今まで飲んだ中クリームソーダの中で一番おいしかったかも!

 

福岡空港着が夜の8時。

それから夕飯となるとお腹空いてしまうので、奄美空港で夕飯を食べようと思いましたが、これがまた予想外!

奄美空港にはジョイフルとカレー屋さんがありますが、想像していたより、かなり小さい店舗でした。

混んでいたため、ここで夕飯を食べるのを諦め、フライト前に売店に売ってあったカップラーメンと娘はパンを食べました。

空港の周りには食事やさんもほとんどなく、空港の売店にもコンビニ弁当のようなものは置いていませんでした。

事前に食事は準備しておくべきだった!と反省。

そんなこんなで無事に福岡に到着しました。

 

4日間の費用まとめ

4日間の旅費以外の費用をまとめると・・・

101,367 円

なかなかかかりましたな・・・。

というのが正直な感想です。

だけど、それ以上に楽しかったからオーケー!その分また働きます!

 

まとめ

というわけで、3泊4日の奄美大島旅行でかかった費用は

195,367円 

でした。

旅費は7月の上旬でハイシーズン前なので、そこまで高くはないと思います。

これが、7月の中旬以降だったら跳ね上がりますね。

我が家は本来、梅雨明けが早まることを願って6月末に行く予定にしていました。

ですが、残念ながら梅雨が明けず旅行日程が全部雨で台無しになりそうだったので急遽日程を7月上旬に変更。

これが大正解でした!

一度も雨に降られることなく、毎日快晴でした。

梅雨明けと夏休みの間を狙うのが天気と料金のどちらもクリアできるかも!?

今回の旅行で奄美大島が大好きになったので、毎年この時期は奄美大島旅行を計画しようかなと企んでいます。

今回の旅行で利用したレストランなどはこちらにまとめています!

あわせて読みたい
【子供OK!】実際に子連れ旅行で行った奄美大島の定番グルメ7選!口コミ&レビュー

続きを見る

事前リサーチのおかげでどこのお店も満足度は高かったです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この記事がどなたかの参考になると幸いです。

 

 

  • この記事を書いた人
ハピママ

ハピママ

アウトドアが大好きなワーママ。独身時代から登山・キャンプ・スキー・ダイビングなどを楽しむ。「子供ができても、自分がやりたいことを楽しみたい!」と子供が0歳の頃からキャンプや登山に挑戦。子連れアウトドアについて発信中♪

-旅行

© 2022 続・週末アウトドアファミリー