公園

青々とした芝生に複合遊具も充実!夏は穴場の河川プールで水遊び!!飯塚市筑豊緑地

暑い日は水遊びしたいですよねー。人が少なくて、遊具があって、子供たちが走り回れる場所ないかなーー??

暑い日はクーラーが効いた涼しい部屋でゴロゴロしたい気もしますが、
子供たちはお外で思いっきり遊びたい!

でも、暑い。。。。
人気の川遊びの場所は人も車も多い。。。

今回紹介する場所は、超穴場の河川プールで遊べる「筑豊緑地」。
場所は飯塚市にあり福岡市内から車で1時間ほどの距離です。

 

筑豊緑地の駐車場

筑豊緑地はとても広い施設です。

駐車場も何個もあり迷います。

下図が全体図となりますが、遊具と水遊びするなら中央駐車場の奥が近くて便利です。

そこから歩道橋が見える奥の駐車場まで進みます。手前に停めると長い距離を歩くことになるので要注意!

この日は夏休みシーズン土曜日の11時頃でしたが、駐車場の空きもたくさんありました。

歩道橋を渡ると遊具が見えてきます。
広い芝生とたくさんの遊具たちに子供たちも興奮してきました。

左の建物にトイレと自動販売機があります。
この正面に遊具があり、右側に行くと草そりができる場所とひょうたん池の幼児プールがあります。

左の建物からはグランドが見えて、子供たちが元気にサッカーしていました。

 

筑豊緑地で遊具遊び

筑豊緑地には小学生でも楽しめるような遊具が揃っています。

ターザーンは嬉しい!小学生の時、大好きでした!

正面の遊具が結構新しい!右側の遊具には少し短いですが、ローラー滑り台もあります!

一部使えない滑り台もありました。

小学生から幼児まで遊べる遊具が充実しているのは嬉しい!

1歳と3歳の我が子は夢中で遊んでました。
ただ、夏場は遊具が暑くなっている所もあるので注意が必要です。

休憩は下図の円で囲ったところにシートを敷いて昼食を食べました!
ポップアップテントなくても、木陰になっているのでとても涼しいです。

河川プール「ひょうたん池」での水遊び

遊具でたくさん遊んで汗いっぱいかいた後は、幼児プールへレッツゴー!

芝生広場から坂を下り「ひょうたん池」を目指します。

私たちは草が生い茂っている坂を降りましたが、左側にちゃんとした道がありました。笑

大きな池の周りは散歩コースになっています。
春や秋頃は心地よく散歩できそうです。

こちらがひょうたん池の幼児プールです。
川の水がプールに流れ込んできます。
水深は20cmほどでした。

この日は32度ぐらいの気温でしたが、冷たすぎることなく、ちょうどいい水温でした。

夏休みシーズンの週末なのに、3家族ほどしかおらず、
広々と遊ぶことができました。

まさに「穴場の水遊び場」です!!

気持ち良すぎて我が子は全身浸かって遊んでいました!

注意点として、底は苔がついているところがあり、滑ります。

とくに川の水が入ってくるところは、
歩くことが難しいほど滑るので、気をつけて!

我が子はそれも楽しかったみたいで、「すべる〜すべる〜」といって
ケラケラ笑っていました。

幼児プールの解放期間は夏休み中です。年によってオープン日がまちまちのようなので、公式HPをチェックしてくださいね!
筑豊緑地HP

まとめ

いかがでしたか?

福岡から1時間ほどで遊具も楽しめて、河川プールも楽しめる「筑豊緑地」。

福岡の人気の水遊び場は、駐車場もパンパンで、人が多いってイメージがある方も
いらっしゃるかと思いますが、筑豊緑地は人が少なく思いっきり遊べます。

是非、行ってみてくださいね。

  • この記事を書いた人
ハピママ

ハピママ

アウトドアが大好きなワーママ。独身時代から登山・キャンプ・スキー・ダイビングなどを楽しむ。「子供ができても、自分がやりたいことを楽しみたい!」と子供が0歳の頃からキャンプや登山に挑戦。子連れアウトドアについて発信中♪

-公園

© 2022 続・週末アウトドアファミリー